ジャンボアスパラ

 

 

太くて長い、またド新鮮なアスパラを見て驚かれるお客様も多いジャンボアスパラ。

アスパラはとにかく鮮度。市場上がりの人間として鮮度だけは譲れないものがあります。

太い部分は皮を少し剥いて、生でも食べれるくらい美味しいジャンボアスパラは茨城県の農家さんが育てたもの。

収穫量はとにかく少ないのですが、いつも分けていただいています。

僕もたまにお手伝いさせていただいています。このアスパラは5月に一度お休みになり、6月から取り扱い再開します。

夏場は少し細めになります。また状況により一度消毒をすることがあります。その時はまた販売時にご説明します。

販売時にもお話させていただきましたが、アスパラの穂先にはアスパラギン酸というアミノ酸のひとつが含まれています。疲労回復や美容効果があると言われていますが、穂先より下の太い部分のほうが美味しくて好きです。

ちなみに噂では…このアスパラギン酸、人によっては尿が臭くなる、という不思議な現象があるようです。(農家談)

 

<取り扱い時期>

4月~9月

<産地>

茨城県

<備考>

無農薬有機栽培、夏場は状況により一度消毒することもあり。

サザンイエロー

 

野菜日和では年に一度しか販売しないサザンイエロー。

愛媛の農家さんのところで食べた時の衝撃と感動が忘れられなくて、いつか多くの方に食べてほしいと思ったのが二年前。

そこの農家さんでは一本しかサザンイエローの木がなくご厚意でそのほとんどを仕入れさせていただいてます。
サザンイエローはタンゼロ系というミカンとグレープフルーツまたはブンタンの掛け合わせの品種です。

サザンイエローの特徴は口に入れたときに感じる軽い酸味、その後にほんのり甘さがあるサッパリとした味わいです。
グレープフルーツ系は特にじょうのうと呼ばれる薄皮が苦い傾向にありますが、サザンイエローは全く苦味がないので非常に食べやすい品種となっています。

皆さんにご提供したサザンイエローは無農薬なので皮まで安心してお使いになれます。

前々回販売した「小林みかん」同様に希少品種です。
少ない量しか取ることができない果物ですが、まだまだ日本にはサザンイエローや小林みかんのような隠れた宝があるので

皆様と共有できだらと思います。

 

<取り扱い時期>

3月

<産地>

愛媛県

<備考>

無農薬有機栽培

オーガニック

雪割菜

 

 

山形県在来種の雪割菜。その土地では雪解後、最初に出る野菜から名付けられたと言われています。

見た目は通常の菜っ葉とかわりばえはしませんが、驚くのはその茎の甘さ。

寒さに耐えぎゅっと詰まった茎は味付け不要の美味しさです。

葉は通常の菜っ葉と変わりませんので調理する際は葉と茎を切り分け、別々で調理するのをおすすめします。

茎は醤油などと合わせると雪割菜の甘さが消えてしまうので、シラスやゴマなど風味を楽しめる食材と合わせるのがおすすめです。

葉は炒め物などの活用してください。

 

<取り扱い時期>

3月~4月

<産地>

山形県

<備考>

無農薬有機栽培

オーガニック