ジャンボアスパラ

 

 

太くて長い、またド新鮮なアスパラを見て驚かれるお客様も多いジャンボアスパラ。

アスパラはとにかく鮮度。市場上がりの人間として鮮度だけは譲れないものがあります。

太い部分は皮を少し剥いて、生でも食べれるくらい美味しいジャンボアスパラは茨城県の農家さんが育てたもの。

収穫量はとにかく少ないのですが、いつも分けていただいています。

僕もたまにお手伝いさせていただいています。このアスパラは5月に一度お休みになり、6月から取り扱い再開します。

夏場は少し細めになります。また状況により一度消毒をすることがあります。その時はまた販売時にご説明します。

販売時にもお話させていただきましたが、アスパラの穂先にはアスパラギン酸というアミノ酸のひとつが含まれています。疲労回復や美容効果があると言われていますが、穂先より下の太い部分のほうが美味しくて好きです。

ちなみに噂では…このアスパラギン酸、人によっては尿が臭くなる、という不思議な現象があるようです。(農家談)

 

<取り扱い時期>

4月~9月

<産地>

茨城県

<備考>

無農薬有機栽培、夏場は状況により一度消毒することもあり。

小林みかん

 

小林みかんは甘夏の外見にみかんのような鮮やかなオレンジ色が特徴です。

グレープフルーツや甘夏のような酸味はありますが苦味が少なくスッキリした味わいとプルプルの果肉が病みつきになります。

小林みかんはナツダイダイと温州みかんの掛け合わせで福岡県の小林さんという方が接木して生まれた品種のようです。

市場流通はほぼ皆無。希少品種です。

小林みかんは甘夏の外見にみかんのような鮮やかなオレンジ色が特徴です。

古民家「野菜日和」では無農薬の小林みかんを提供しております。

旬が短いですが多くの方から喜ばれるみかんです。

 

<取り扱い時期>

2月

<産地>

愛媛県

<備考>

無農薬有機栽培

オーガニック

帛乙女(きぬおとめ)・大和早生

新潟県五泉市の肥沃な地で育った塩原さんの自然栽培の里芋、大和早生。

五泉市の大和早生は帛乙女のブランドもあり高級里芋と言われています。

舌触り滑らかな食感が特徴です。

古民家「野菜日和」では今回から3月まで里芋は塩原さんのみの取り扱いになります。少々お高いかもしれませんがそれだけの価値はあります。

 

五泉市は絹織物で古くから有名な地域で、それにあやかり帛乙女(きぬおとめ)という

名前を付けたそうです。

絹のように繊細でキメ細かい滑らかな食感は

まさに帛乙女という名前にふさわしい品種です。

幻の里芋として東京の高級料亭にもだされるほど。

 

是非、その幻の里芋を味わってください。

 

<取り扱い時期>

11月~3月

<産地>

新潟県五泉市

<備考>

自然栽培