スチューベン

スチューベン

皆さん、ブドウといえば暖かい時期という印象がありますね。

今は輸入ブドウで寒い時期も食べれますが…。

今回は国産で11月12月が旬のブドウをご紹介します。

 

 

【 スチューベン 】

その名は「スチューベン」!

アメリカ生まれの国産ブドウです。青森での生産量が多いです。

種ありのブドウですが、糖度が20度以上ともいわれています。

特に僕が注目したいのはその歯ごたえです。

ブドウ品種といえば割りと食べやすいものが多いのですが

スチューベンは歯ごたえがしっかりしていて、食べ応えがあります。

種の周りにギッシリと果肉がついております。

(人によっては食べづらい!?)

種の周りは酸味が少し強いですが、皮と果肉の間は甘くで美味しいです。

 

収穫は10月頃ですが、貯蔵して甘味が増しますので

旬は11、12月頃といえるでしょう。

 

また美味しい見分け方としては

ブルーム(白い粉)がついてるものがオススメです。

これは割りと他の品種にも言えますが

ブルームは果物の水分蒸発や病気から守るもので

果物自身から分泌される天然物質なんですね。

なのでこれがついているものは、健康で美味しい果物とも言えます。

 

【 保存方法 】

新聞紙などに包み野菜室に入れておきましょう。

乾燥しないように気をつけてください。

またどのブドウにも言えますが、一度洗った(濡らした)ブドウを

冷蔵庫に入れると傷んでしまうので注意!食べる直前に洗いましょう!

 

【 栄養・機能性成分 】

・ビタミンB1

・ショ糖など

 

スチューベンの甘さの理由はショ糖によるものです。

これは集中力を高める効果もあると言われています。

だからと言って、食べすぎはダメですよ~!

 

【 最後に 】

どうでしたか?この時期は輸入物のブドウも多いですが

こうした国産のブドウもあるのでチェックしてみてくでさいね。

ちなみに地元の人は種ごと食べるという噂が!?

 

howtochooseカテゴリの最新記事