菊芋

菊芋

今、巷では健康食材と呼ばれるものが沢山あります。

その中にはまだまだ目立ってない野菜もあります。

今日は生活習慣病の改善や美容面でも効果があると

言われている「菊芋」のご紹介です。

 

 

【 菊芋 】

キク科ヒマワリ属の菊芋は9月頃に菊に似た綺麗な花を咲かせます。

そこから地中に塊茎と呼ばれるものが出来あがります、

これが菊芋です。

北アメリカ原産の菊芋は非常に繁殖力が強く

要注意外来作物に指定されているようです。

日本では迷惑な雑草扱いだったようです。

 

そんな生命力が強い菊芋なので

化学肥料や農薬を使わなくても育つのが魅力だと

言う農家さんもいます。

 

そしてこの菊芋の魅力は栄養にもあります。

下の栄養で詳しく説明しますが

メタボ、糖尿病などの生活習慣病の改善や

美肌シミや便秘のなどの美容面でも効果があると言われています。

 

地域にもよりますが、12月前後が旬です。

店頭に置いてあるもので、触ってみて

硬いものは鮮度が良いです。

柔らかくなっているものは乾燥しているので注意しましょう。

 

【 保存方法 】

洗わないで冷蔵庫に新聞紙を包み保存しておきましょう。

プランターがある方は土の中に入れておくと

冬の間は保存がききます。

 

乾燥するのもひとつの手です。薄くスライスしたものを

サッと水洗いして天日干しにすることで

調理にも活かせます。菊芋チップスなんかもいいですね~!

 

【 調理方法 】

 

今回は天然菊芋に力を入れている佐賀県三瀬の

地元ならではのレシピを参考にさせていただきました。

「菊芋のまぐらかし」という料理です。

 

・菊芋 250g

・濃口醤油 100cc

・酢 50cc ・砂糖 50g

まずは菊芋を3mmの厚さにスライスし水にサッとさらします。

調味料を鍋に入れ火をかけます。

調味料が煮立ったら菊芋を入れ調味料を浸します。

再度調味料が沸騰したら火を止め冷めたら出来上がりです。

 

菊芋の食感を味わいながら、昔ながらの調理法が

懐かしくなる料理です。

サラダなどの生食にも向いています。

菊芋はゴツゴツしているので

しっかりと泥や土を落としましょう。

皮は向いても向かなくてもお好みで!

 

 

【 栄養・機能性成分 】

主に

・イヌリン

・食物繊維、ビタミンB群、ミネラルなど

 

やはり注目はイヌリンです。天然のインシュリンとも呼ばれ、水溶性食物繊維で多糖類です。

イヌリンは血糖値の上昇を緩やかにしたり、便を促したりします。

一般的に糖尿病や便秘解消にも効果があると言われています。

また菊芋はデンプン質をほとんど含まず、ほんのり甘い糖でありながら

低カロリーなので注目されている野菜でもあります。

 

【 最後に 】

スーパーさんでも菊芋を扱うところは

減ったような気がします。

今では農家さんが直販するところも

多いので取り寄せてみるも良いかもしれませんね!

もしかした農家さんならではのレシピなんかも

教えてもらえるかも。

 

 

howtochooseカテゴリの最新記事