帛乙女(きぬおとめ)・大和早生

新潟県五泉市の肥沃な地で育った塩原さんの自然栽培の里芋、大和早生。

五泉市の大和早生は帛乙女のブランドもあり高級里芋と言われています。

舌触り滑らかな食感が特徴です。

古民家「野菜日和」では今回から3月まで里芋は塩原さんのみの取り扱いになります。少々お高いかもしれませんがそれだけの価値はあります。

 

五泉市は絹織物で古くから有名な地域で、それにあやかり帛乙女(きぬおとめ)という

名前を付けたそうです。

絹のように繊細でキメ細かい滑らかな食感は

まさに帛乙女という名前にふさわしい品種です。

幻の里芋として東京の高級料亭にもだされるほど。

 

是非、その幻の里芋を味わってください。

 

<取り扱い時期>

11月~3月

<産地>

新潟県五泉市

<備考>

自然栽培